■ 鶏卵肉情報センター TOPへ ■
鶏卵肉情報

B5判 年24回発行 88頁(特大号200頁)
定価715円(税込)(新春・夏季特大号 1,100円(税込))
年間購読料17,600円(税込)(送料込み)

購読申込み、お問合せ

最新刊!!
初版から8年、待望の改訂版が発刊!!
生産者、販売者、消費者が知りたい「卵」の知識が満載!!

けんぞう先生の卵事例ハンドブック改訂版 けんぞう先生の卵事例ハンドブック 改訂版
編集:卵事例ハンドブック編集委員会
定価3,740円(税込) 送料別実費
AB判 総192ページ オールカラー

最新情報 鶏卵肉情報 2022年1月10日号 NEW
特集1
読者アンケートから時代を探る――今年の業界展望
どうなる!?2022年の鶏卵肉産業
特集2
トップ2氏に聞く今年の業界展望
飼料高、低卵価、小規模層の廃業加速を懸念
アニマルウェルフェアは消費者に判断委ねる
一般社団法人日本養鶏協会会長 杉原勲氏に聞く
ムネ肉と手羽類の消費拡大を目指す
消費者にわかりやすい情報の発信を
一般社団法人日本食鳥協会会長 佐藤実氏に聞く
業界の動き
全農、1〜3月期配合飼料2900円上げ
円安、堅調な輸出需要でシカゴ定期が上昇
ニュース
農水省、令和4年度畜産物価格など決定
令和4年度農林水産関係予算案を決定
厚生労働省の令和4年度予算概算案決定
JA全農たまごが取引先関係者に依頼文書/「需要に見合った生産体制構築」を求める
政府、関係閣僚会議で実行戦略など改訂/年間輸出額1兆1000億円台も視野に

HPAIを徹底的に考える―鶏病研究会が
2021年度秋季全国鶏病技術研修会開催
セミナー
日本チャンキーがウェビナー開く
ブロイラーの光線管理
トピックス
高病原性鳥インフルエンザ発生農場に係る疫学調査チームの現地調査概要(国内7〜9例目)
サーモフィッシャー サイエンティフィック バナー広告受付中
  TOP   月刊HACCP   月刊養豚情報   鶏卵肉情報   書籍案内   リンク   事業概要